プロフィール

3 歳でピアノを始め、11歳から教会での音楽奉仕を務める。東京芸術大学音楽学部作曲科卒業。在学中よりオルガンを学び、フェリス女学院大学音楽学部ディプロマコースオルガン専攻、東京芸術大学大学院修士課程修了。

1991年、白川イタリアオルガン音楽アカデミーにてピストイア賞および白川賞受賞、同年ピストイア(イタリア)でのオルガン音楽アカデミーに招かれ初の演奏会を開く。以降欧米各地の講習会に通い研鑽を積む。

ルネサンスから現代まで幅広いレパートリーを持ち、ソロ、アンサンブル、伴奏など多岐にわたって演奏活動を行っているほか、カトリック教会の典礼音楽にも力を入れ、声楽や合唱指揮に携わっている。また長年にわたる歴史的即興演奏法および指導法の研究をもとに、2012年即興工房TOKYO(TOKIF)を設立。

2004年よりカトリック麹町聖イグナチオ教会首席オルガニストを務めるほか、聖徳大学音楽学部講師、白川イタリアオルガン音楽アカデミー講師、BELUGAパイプオルガンクラス講師。

Hiroko ASAI, born in 1966, is a titular organist at St. Ignatius Church in Tokyo since 2004. After studied music composition, she began to study organ at Ferris University and Tokyo University of Arts. Received a Master's degree from Tokyo University of Arts in 2002. 

Hiroko Asai was awarded “Pistoia prize” from the Academy of Italian Organ Music in Shirakawa in 1991, and was invited to Pistoia Organ Academy (Tuscany) to give a recital. She has participated in various courses in Europe and United States.

Since her liturgical working started at age of 11, Hiroko Asai has been interested in improvisation in the catholic services. In 2012 she has founded Tokyo Improvisation Factory (TOKIF), which is a group for study and research for historical improvisation. Hiroko Asai also teaches thoroughbass and improvisation at Seitoku University, and Seitoku Open Academy (SOA). Since 2016 she teaches in the Academy of Italian Organ Music in Shirakawa.

© photo by Shinichi Kida

© 2015 by hirokoasai